1. ホーム»メガピクセルカメラ

メガピクセルカメラ・ハイブリッドNVR

メガピクセルカメラについて

従来のアナログカメラでは有効画素数38万画素程度と、少ない情報量しか撮影することができませんでしたが、 メガピクセルカメラ130万画素約3倍の情報量を高画質撮影することが可能となります。
カメラの高画質化によりカメラ台数を減らして撮影することも可能となります。
アナログカメラでは実現しなかった重要部分や細かい動きなども確認できるようになります。
金融機関やコンビニエンスストアでは窓口やレジ、又は重要箇所での金種の判別や人物の確定が可能となります。

メーカーサイトへ

▲ページのトップへ

ハイブリッドNVRについて

従来のアナログカメラとメガピクセルIPカメラを混在録画することができます。
既存のアナログカメラを全てIPカメラに切り替えるには配線工事も全てやり直す必要があり、大幅なコストがかかります。そこで考えられたのが「ハイブリッドNVR」です。 必要な箇所だけに130万画素~500万画素クラスの高画質カメラにすることで、
優れたコストパフォーマンスで従来のアナログシステムでは実現できなかった鮮明な録画映像を残すことができます。
SA6000では、解像度1280×1024pixel秒8コマの録画に対応しており、16台のメガピクセルカメラを24時間記録した場合、約1週間の記録保存が可能(HDD/1TB)です。

※NVRとはネットワーク・ビデオ・レコーダーの略です。

メーカーサイトへ

▲ページのトップへ

従来のカメラとメガピクセルカメラの比較

左が従来使用されてきたアナログカメラの映像です。
右の130万画素のメガピクセルカメラの映像と比べると、メガピクセルカメラが遥かに鮮明で高画質ということが分ります。

▲ページのトップへ