1. ホーム»電磁式電気錠

電磁式電気錠

電磁式電気錠について

電磁式電気錠とは、強力な電磁石の磁力を鍵として応用したオートロックシステムです。
既存の門扉に設置できるので、工事期間も短く価格も安いのが魅力です。
磁力の強さは200~600kg以上でバール等によるこじ開けやピッキング等の防犯対策となります。 開け閉めも簡単で暗証番号やカード・タグ等で開錠することが出来ます。施錠はオートロックなので閉め忘れもありません。現在使用中の鍵との併用で防犯効果はさらにアップします。 来客時もインターホンで確認をとることができ不審者等にもすぐ対応でき安心です。
危険にさらされやすい小さなお子様がいる保育園・幼稚園など、不審者の侵入を防ぐために電磁式電気錠の設置をお奨めいたします。

▲ページのトップへ

導入事例

電磁式電気錠設置の導入事例をご紹介いたします。設置をお考えのお客様はご参考ください。

例1.幼稚園での導入事例です。
設置目的は園内への不審者の侵入防止・来客対応

▲門扉や玄関の外側に非接触カードリーダーとインターホンを設置します。お客様はインターホンで職員に鍵を開けてもらい、関係者は暗証番号や非接触タグや非接触カードで開錠します。

▲門扉や玄関扉などに強力な電磁式電気錠を設置します。
(どのような形状の扉にも設置可能です。)

▲職員室や事務室に電気錠の制御盤を設置します。
ボタン操作で施開錠の操作ができます。また、ランプ表示で門扉の施錠開錠開扉の確認ができます。
インターホンのワイヤレス子機とも連動できますのでワイヤレス子機の操作で開錠することも可能です。

▲ページのトップへ